noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

新元号「令和」新しい時代に期待!

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20190401143206j:plain

 

元号が決まりましたねー。

今日は私、どうしても新元号が決まる瞬間が見たくて、会社ではネット放送を見ながら仕事していました。

平成ももうすぐ終わるのか・・・と感慨深いものがあります。

 

 

 

元号「令和」

f:id:nobubkk:20190401144047j:plain

官房長官「令和」と発表しました。

「れいわ」・・・なんかしっくりきませんね、まだ。

 

平成が発表されたときもなんか変な感じがしたことをかすかに覚えていますが、今回もやはり同じような気持ちです。

ただ、昭和と似ているからか少しだけノスタルジーを感じなくもありません。

 

いままでの元号はすべて中国の書物から取られてきていたらしいですが、今回は出展が万葉集なんだそうです。

よく考えたら、わざわざ中国の書物から取ってくる必要はないですね。

でも日本の書物は「和歌」「物語」「随筆」などですから、元号に取ってくる言葉という点ではちょっと微妙な気がします。

そういう点で、古い中国の書物の方が格が高いと意識の底で感じているのかもしれません。

 

TBSのネット放送

今回スマホのスマートニュースで、TBSの番組がネット中継されていてそれを見ていました。

番組名は分かりませんが、めぐみが司会をしている番組です。

f:id:nobubkk:20190401144129j:plain

 

さすが日本のテレビ番組ですねー。

本当に細かいことまで取材したり、調べたりしていました。

正直どうでもいいことも多くて、時間を持たせるために仕方なくネタ集めをしていたんじゃないかと見えるところもありましたね。

 

でも、そのくだらないどうでもいいことでも、たくさんの情報を集めるとその中には興味を引く内容もありました。

たとえば、菅官房長官がどの道を通って移動するのか・・・なんてことも細かく解説されていました。

「この建物とこの建物の間の細い道を通って・・・」みたいな感じです。

ほんとどうでもいい(笑)

 

でも、私は知らなかったんですが、首相官邸議員会館、国会議事堂、内閣府国会図書館、皇居などは、並んで建てられてたんですね。

東京には数年住んでいて、しかも赤坂にはよく行っていたのに、当時はあまり興味もなかったので全く知りませんでした。

 

日本に住んでいればテレビをぼーっと見てるだけでも、(必要かどうかは分かりませんが)いろいろな知識が入ってくることを再確認しましたね。

 

地上波とネット放送

私の見ていた番組は、たぶん日本の地上波をネットでも配信していたのだと思います。

なので、CMに入るとめぐみたちがいるスタジオから、別スタジオの画面に変わっていました。

f:id:nobubkk:20190401144153j:plain

こうして見ているとCMの回数多かったですね。

 

左のアナウンサーの女性は綺麗な人でしたが、名前が「金井憧れ」と出ていました。

「あこがれ」と読むんでしょうか?

珍しい名前ですねー。

芸名なのかな?

アナウンサーに芸名はないかな・・・などと考えていてあまり解説内容が頭に入ってきませんでした(笑)

 

f:id:nobubkk:20190401144859j:plain

途中からはCM中はこちらの画面に。

「あやえ」ですか、この人も珍しい名前ですね。

ふりがななければ、一発では読めないでしょうね。

 

新しい時代に期待

f:id:nobubkk:20190401145014j:plain

5月から令和元年がはじまります。

正直海外にいると「平成」も使わないので、今が平成何年なのかよく分かりません。

TBSの番組で平成になったのが30年前とあったので、今は平成31年か32年あたりかなとは思いますが。

 

別に平成に強烈な思い入れがあるわけではありませんが、一つの時代が終わるという感慨が地味にわいてきました。

5月からは「令和」となり、私の後半生はこの元号と一緒に歩んでいくのでしょう。

そう思うと、心機一転、気持ちを新たにして頑張っていこうかなという気になってきます。

こう思うと元号を持たない国では、こうした社会の雰囲気のリセットができないんですね。

元号を持つ国で良かった。

新しい時代に期待です!

 

今宵はこれまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村