noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

「紙なし、窓口なし」の銀行が登場!銀行の窓口要員はこれからどうなるの?

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20190213212133p:plain

昔はあこがれの職業だった銀行員。

しかし、もし銀行員になっていたら、今頃すでにリストラされているか、いつやってくるかとリストラにおびえる日々だったかもしれません・・・

特に窓口要員の人はシャレにならないでしょうね。

 

 

 

大リストラが敢行された銀行

f:id:nobubkk:20190213231119p:plain

去年だったかな、銀行員の大リストラがニュースになりましたね。

三菱UFJフィナンシャル・グループは9500人分の業務量削減、三井住友フィナンシャルグループは4000人分の業務量削減、みずほフィナンシャルグループは1万9000人の人員削減。

みずほの1万9000人は凄すぎです。

 

普通の人が通常利用する銀行でのやりとりは、窓口で銀行員を通さなければできないということはかなり少ないでしょう。

定型業務が多いので、ATMなどの機械でできるようにすることはそれほど難しいことではないと思われます。

要するに、本気でやるつもりがあれば社員を首にしてAI化を進めることができるわけです。

 

f:id:nobubkk:20190213231145p:plain

で、実際にそうなっていったわけですが、ネットバンキングの発達でここ10年で銀行に足を運ぶ人の数は4割も減ってしまったそうです。

そのため、これまでのような多くの店舗は必要とされなくなり、店舗も減っています。

 

おもしろいのは、店舗に足を運ぶ人が減ったので、多くの人に気付いてもらうために設置していた大型看板がなくなっているのだそうです。

なるほど、別に多くの人に「ここにうちの銀行あるよー!」ってアピールする必要は亡くなっていきますからね。

ということは、看板屋の業績にも影響が出てくるのかもしれませんね。

 

gendai.ismedia.jp

 

 

「紙なし、窓口なし」の銀行

f:id:nobubkk:20190213231216p:plain

さて、去年あたりからこうした動きはありましたが、ついに「紙なし、窓口なし」の銀行が誕生したようです。

三菱UFJ銀行の新コンセプト店舗「MUFG NEXT」が、学芸大学駅前(東京都目黒区)にオープンしたということです。

 

受付は専用のタブレット端末で行い、従来の店舗で行われていたような書類の記入は必要ない。テレビ電話を通じた相談窓口「LINKS」や税金や公共料金などの支払いも可能なATM「STM」などで取引を進める流れだ。

店舗の中心にはインターネットバンキングを利用するためのタブレット端末が設置されている。店舗には5人のコンシェルジュが常駐し、タブレット端末などの操作方法をサポートする。

 

当面は2階に従来通りの窓口を残すようですが、将来窓口が不必要になれば従業員は今の半分以下で済むようになるそうです。

 

正直、機械だけの銀行だと最初はどうすればいいのか分からないので、ちょっと二の足を踏みそうです。

しかし、誰でも使えるように作られているはずなので、一度やってみれば誰でも簡単に使えるようになると思います。

そして、今までよりも確実に利便性は上がるでしょう。

 

f:id:nobubkk:20190213231241p:plain

さらに、三菱UFJは2018年6月の株主総会で、20年後にはリアルの店舗はなくなっているという見方を示したそうです。

まあ、妥当な見方だと思いますが、中で働く従業員は戦々恐々としていることでしょうね。

リアル店舗がなくなったら、窓口要員は全滅ですね。

あまり仕事ができない人たちはこれからどんどんと淘汰されていくのでしょう。

恐ろしい話です。

「紙なし、窓口なし」、三菱UFJ新型店の実力度 | 金融業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

まとめ

f:id:nobubkk:20190213231304p:plain

私が大学時代就職活動しているときに、銀行に就職が決まった友人をかなり羨んだことを覚えています。

「いいなー、おまえはもうこれで一生安泰だよ」なんて会話をしていました。

 

しかし、まさかこんな時代がやってくるとは。

あの頃は夢にも思いませんでしたね。

 

ここ数年で銀行に新入社員として入社する人とかどういう考えを持っているんでしょうね。

そりゃ銀行も人が全然いらないわけではないでしょうけど、またそのうちリストラの嵐が吹き荒れることも十二分に考えられる業界です。

無事に生き抜くことができれば良いですが・・・

知り合いとかがいるわけでもぜんぜんないのに、勝手に心配してしまいました。

まあ、我々銀行の利用者にとっては利便性が向上さえしてくれれば、中の人が多くても少なくても関係はないんですけどね。

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村