noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

「正月」「元旦」「元日」の違いを知ってますか?

明けましておめでとうございます。

ノブです。

f:id:nobubkk:20190101213253j:plain

皆様、大晦日はどう過ごされましたでしょうか?

私は29日から発熱してしまい、年末は風邪でダウンしていました。

たぶん高校卒業以来初となる、一滴もお酒を飲まずに過ごした大晦日です。

正月に入りましたがまだ頭痛が収まらず、お酒は控えてアップルジュースを飲んでいます(笑)

 

年末は死にそうになりながら仕事して、家では体力回復のため寝るだけにしてました。

年末年始の休業に入ってから、タイで日本のテレビを契約していない私はリアルタイムで見ることができる、虎ノ門ニュース年またぎ3時間スペシャルだけは(実際は3時間半)頑張って見ました。

 

しかし、もう一つの楽しみにしていた番組、大晦日の風物詩格闘技のRIZIN14の方は残念ながら当日は見ることができませんでした。

やはり気になっていたのは、那須川天心VSメイウェザー

1月1日の12時から公式でも見れたようですが、朝起きてすぐに見たかったので必死に探してチェックして見ました。

が、残念ながら天心君負けてしまいましたね・・・

 

階級差、キックなしのボクシング…などルールは明らかにメイウェザー有利な試合ではありましたが、それにしてもこれほどの力の差があるとは・・・と思わされました。

さすが伝説の男フロイド・メイウェザー

これほどの実力だからこそ伝説なのだと理解ができた試合でした。

 

 

 

「正月」「元日」「元旦」の違い

f:id:nobubkk:20190101223308p:plain

さて皆様、今日は1月1日ですから元日です。

1月1日ですから元旦と言ってもいいですね。

または、1月1日なのでお正月と言ってももちろんOKですね。

 

・・・と言いたいところですが、本当にそうなんでしょうか?

 

この正月、元日、元旦には明確な違いがあるんですよ。

実は上にあげた例のうち1つはダメな例文なんです。

 

正月

f:id:nobubkk:20190101223358j:plain

正月というのは、年初のことです。

つまり正月は数日間の期間を表しています。

 

いつまでかというと微妙なところのようですが、正月を「三が日」または「松の内」という意味で使用することがあります。

 

三が日はもちろん1月3日までのことですね。

 

松の内というのは、もともとは1月15日まででしたが、現在では一部地域では1月7日まで短縮されています。

 

なので、1月3日もしくは1月7日くらいまでを「正月」と呼ぶことができるようです。

※ただし、1月20日までを正月とすることもあるそうです。

正月 - Wikipedia

 

元日

f:id:nobubkk:20190101223417j:plain

元日とは年初の日のことを言います。

つまりこれはまさしく1月1日のことを指しているのです。

12月31日大晦日の次の日、1月1日は元日と呼びます。

 

元旦

f:id:nobubkk:20190101223817j:plain
では元旦はなんなのかというと、元日の朝のことを指しています。

旦という字は、朝や夜明けという意味を持っているのです。

 

ただし、日本国語大辞典などでは、元旦は「元日」と「元日の朝」の両方の意味を持つとされているそうなので、1月1日を「元旦」と呼んでも解釈次第では間違いともいえないようです。

元日 - Wikipedia

 

まとめ

f:id:nobubkk:20190101223837j:plain

ということで、最初の例文は「元旦」が間違いだったわけです。

 

いやー、私はけっこうなおっさんですが、ずっと1月1日のことを元旦と言っていました。

年賀状にも元旦と書いていたような気がします。

元旦の意味を知っている人に送っていたら・・・と思うとちょっと恥ずかしいです。

ただ、私の友達はアホばかりだったので、今回に限り幸いでした(笑)

 

※今回は調べるといろいろ説があったりするので、統一してWikipediaから引用しています。

 

f:id:nobubkk:20190101224006j:plain

2019年今年は、4月の終わりに天皇陛下が退位され、皇太子殿下にご譲位となります。

5月1日が即位の日となるようで、この日に新元号としての時代が始まるようです。

ちなみに、新元号の発表は4月1日にされることになりましたので、即位の1か月前には元号が分かってしまうようです。

 

元号を仕事で使う人々に配慮した形だと思いますが、少し風情がないなーと感じてしまいます。

 

さて、私のブログをこんな下の方まで読んでくださる方が何人いらっしゃるのか分かりませんが(笑)、読者の皆様に2019年は多くの幸あらんことをお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくおねがいいたします!

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村