noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

「韓国」と「中国」と「朝日新聞」が嫌いならネトウヨ( ー`дー´)キリッ by古谷経衡

こんにちは、ノブです。 

f:id:nobubkk:20181230162406j:plain

またモーニングショーで面白い発言があったみたいですねー。

古谷経衡さんってツイッターなんかでは見たことありましたが、初めて動画で話しているところを見ました。

ネトウヨを自認する私としてはこれは取り上げるべきニュースです。

 

 

 

「韓国」と「中国」と「朝日新聞」が嫌いならネトウヨ

うまいこと言うなー(笑)

この古谷経衡さんって人は微妙な評判を聞いたことはあったんですが、タイに住んでいる私は日本のテレビを見ないので見たことありませんでした。

 

モーニングショーで"「韓国」と「中国」と「朝日新聞」が嫌いならネトウヨ"という発言があったそうで、興味があったのでYoutubeで探して見てみました。

いろいろつっこみどころがありましたが、面白い内容になっていましたんでご紹介です。 

「韓国」と「中国」と「朝日新聞」が嫌いならネトウヨ発言前から始まります。

 

モーニングショーで「ネトウヨ」特集

冒頭から「私もですね、色々スタッフの方に見ていただいていると、ネトウヨの方から色々言われているらしいですね、反日とかパヨクとか。気になってました、どういう人なのか」と話す玉川徹。

 

個人的には好きですねー、こういう敵対勢力へ切り込んでいく勇気(笑)

思わずにやけながら見始めます。

 

f:id:nobubkk:20181230205733p:plain

番組自体は、まず朝鮮学校への補助金停止の問題から、2人の弁護士へネトウヨから懲戒請求が行われた問題ではじまり、その後古谷経衡さんへのインタビューに入っていきます。

 

ただ玉川さんがどうというのはおいといて、話題のシーンに行く前にモーニングショーの編集にかなり違和感を感じてしまいました。

 

例えば、「北朝鮮を敵視しているとされるネット右翼と呼ばれる人々」というナレーションが入ります。

今の時代に北朝鮮を敵視していない人がはたしてどのくらいいるのでしょうか?

北朝鮮を敵視するのは悪いことなのか?

犯罪者を好きになれと言われても誰が好きになるのでしょうかね。

モーニングショー界隈では北朝鮮とも仲良くやっていこうと考えている人が多いんだろうなと予感させられます。

 

古谷経衡の発言

f:id:nobubkk:20181230201340p:plain

古谷さんは「元ネット右翼の文筆家」という肩書でした。

ネトウヨなんですね。

 

彼はネトウヨの研究をしたのだそうです。

いろんな研究、いろんな統計をとって、ネトウヨは「経営者」が多いと結論付けたそうです。

ネットの中にいる人たちを研究するなんて面白いことやってますね。

 

まあその後「ネトウヨに何千人も会ってきた」と話していましたが、ちょっと何千人は盛りすぎな気がしましたね。

ネットの中にいるからこそ息まける「ネトウヨ」が何千人も外で会ってくれないでしょう。

 

ネトウヨの定義

玉川さんが古谷さんに質問します。

ネット右翼の定義これはどう考えればいいですか?

f:id:nobubkk:20181230202300p:plain

 

これに対して、古谷さんは「一般的にはネット上で右派的 保守的な価値観をコメントしたり言ったりする人。あるいはそれを受容する人」とされていると解説。

ところが今は多様性が生まれているそうです。

なので古谷さんは、あえて定義するとすれば「いわゆる保守系言論人という方々の言葉をそのまま信じてそれを自分のものにしている人」というふうに定義すると話しました。

 

この言葉はかなり気になりましたねー。

この定義によるとすべての物事を自分で調べて自分で裏を取って自分で考えていかなければ、発言することもできなくなります。

 

保守系言論人の著書を読んで得た知識を披露すればネトウヨ認定されるということですからね。

 

「日本国紀にこう書いていた」と発言したら「はい、ネトウヨー!」。

 

「櫻井よし子がこう言っていた」と発言しても「はい、ネトウヨー!」ですよ。

 

この定義は完全にダメでしょう。

意味不明です。

f:id:nobubkk:20181230210625p:plain

意味不明な定義でドヤ顔の古谷経衡

そもそも、左翼系の人の主張は根拠に乏しくて信用ができないことが多い。

そのため討論番組などでも右系に論破されたり、理想でしかものを語れない(だからこそ左翼なのだが)ことがネット上で左寄りの人が敬遠される理由なのではないかと、個人的には思っています。

 

虎ノ門に出ている右寄りの先生方の話は、しっかりと根拠に根差すものがあるので信用できて、納得できる。

信用できるからほかの人にもその話ができるわけです。

しかし、これをしてしまったら「ネトウヨ」認定されるなんて、そんな馬鹿な話はないでしょう。

 

続けて、

玉川「よく私も反日とかパヨクとか言われているらしいんですけれど、いったい私のどこが反日だと思って…日本のことを考えて話しているんですね。だからどういうことなんだろうと?」と尋ねます。

 

古谷「ネット右翼と呼ばれる人たちがいわゆる反日、左翼と敵認定するときの基準というのは、韓国中国朝日新聞 この3つ これが嫌いかどうかです。単純にこれだけ。」と返答しました。

これは名回答ですね(笑)

テレビで分かりやすく切り取って話をするには最高の切り取り方です。

f:id:nobubkk:20181230203203p:plain

 

続けて「一個でも好きだったら反日。一個でも好きだったらパヨクです。だから思想とかイズムはないんですよ。」

この発言には悪意が含まれていますが、まあたしかにネット騒ぐだけのネトウヨに気骨のあるものは求められません。

 

ただこの定義もやはりおかしくて、今の国際状況を理解していながら「中国が好き!」とか「韓国サイコー!」「やっぱり新聞は朝日!」なんて言ってたら完全に変だと思いますがね。

 

「韓国」「中国」「朝日新聞」のうちのどれか一つでも嫌いになったらパヨク認定をネトウヨからされる、というのが古谷さんの定義ですが、さすがに決め打ちが過ぎるでしょう。

 

ちなみに百田先生はこれに対して、こうツイートしています。

 

中国、韓国と仲良くした方がいい?!

f:id:nobubkk:20181230213510p:plain

 

玉川「例えば中国と韓国と仲良くした方が日本のために良いかもしれないわけじゃないですか。」

古谷「もちろんですよ、隣国ですから。」

玉川「でもそういうことを言うともうそれは反日になっちゃう?」

 

古谷「彼らの主張は、中国に対しては絶対戦争が起こる敵である。日本を現在進行形で侵略している国が中国であるという認識です。これは嘘ですけどね。デマですけど。

 

f:id:nobubkk:20181230213334p:plain

正直言って、これが一番びっくりした発言でした。

 

たしかにまだ侵略は始まっていませんが、たとえば尖閣諸島の問題についてはこの人どう考えているんでしょうかね。

 

「これは嘘です。デマです。」と言って、中国に危険はないとテレビで発信するこの危機管理能力。

危機は起こってからではダメで、起こる前に対処しておく必要があることを理解できないのでしょうか。

あまりに中国を甘く見すぎている気がしてなりません。

 

中国について、危機感を持っている先生についてしっかりと勉強をしてほしいです。

あ、でもそれをやると彼もネトウヨに逆戻りか。

 

続いて、

古谷「韓国については、彼らは日韓の国交が1965年に回復しましたよね。それを断絶しろというのが主流の主張です。ですから仲良くするなんていうのは論外なんですよ。その時点で玉川さん反日です。彼らからするとパヨクです。」

f:id:nobubkk:20181230214409p:plain

 

やっぱり、この古谷って人ちょっとバカなんでしょうかね。

韓国と国交を断絶しろという強硬な主張が最近多いことは私も知っています。

さすがに行き過ぎた発言だとは思いますが、正直言って心情的にはよく分かります。

 

韓国にここ数年だけでもどれだけ振り回されてきたのか。

もちろん、このお二人は韓国に振り回されてきた事実をご存知の二人でしょう。

しかし、それでもあえて「韓国と仲よくしよう!」という気持ちが分かりません。

私たち日本人がいくらそう考えても、反日教育を国をあげて行っている「韓国」「中国」とは相いれないことがまだ分からないのでしょうか。

 

玉川さんは「今どんなに振り回されていてもいつか仲良くできるときがきっと来る!」と信じているのでしょう。

そういうのをネトウヨ界隈では「お花畑」と呼んでいます。

 

ネトウヨの意見は、もういい加減韓国問題で消耗するのをやめようよ、ということなんですよ。

もし韓国が友好国であるならば、友好国らしいふるまいをするべきでしょう。

それができないのなら、日本は韓国と無理に付き合って嫌な思いをしなくてもいいじゃないかと思っているわけです。

至極当然の考えだと思うのですがね。

 

古谷さんってネトウヨ研究家のわりに、まったくネトウヨのことが分かっていませんね。

こんなダメな元ネトウヨの文筆家をなぜテレビ局は使うのでしょうか。

 

羽鳥さんは微妙な発言

f:id:nobubkk:20181230215738p:plain

その後、ネット内だけは右傾化が激しいとか、香山リカさんの公演中止の話、ネトウヨの声は大きい、幽霊の正体を見たり枯れ尾花などなど話がありました。

 

香山リカさんとかね、マジで虎ノ門ニュースでのツイッター問題とか、その後の鬼の形相で中指たててる姿とかあっても、まだ需要があるのが不思議です。

ついでに言うと、香山リカさんの公演中止よりも前に百田尚樹先生の講演会が中止に追い込まれているんですけどね。

まるで講演会を中止に追い込むのはネトウヨの専売特許のようなVTRの作り方にはちょっとイラっときましたね。

 

f:id:nobubkk:20181230220508p:plain

特集後半の羽鳥さんは少し面白かったです。

羽鳥「(ネトウヨは)知識とか主張とかちゃんとある感じはしますけどね。」

玉川「全部受け売りなんですよ」

羽鳥「ああそうなんですか・・・」

玉川「保守雑誌とかあるじゃないですか」

羽鳥「なんとなく書いてるんですか?」

玉川「受け売りを信じ込んでそれで書いているんです」

羽鳥「うーん」

玉川「たぶん本人はそれは国のために良かれと思ってやっているのかもしれないけど主義やイズムはない。」

羽鳥「そうなんだ・・・」

 

「受け売り」というとアホの代名詞のようですが、なぜ受け売りはダメなんでしょう。

 先にも書きましたが、受け売りで話すことを禁止されたら世の中の人99%は話ができなくなりますよ。

テレビ、ネット、本で仕入れた知識はすべて受け売りでしょう。

それどころか、学校で得た知識ですら受け売りです。

 

大事なことは、受け売りが本当に正しいかどうかを選別する力だと思います。

そのためには、根拠をきちんと示してくれる必要があります。

その点において、左派系の人々の主張は根拠に乏しかったり、今までにウソをついていた事実があったりで、信用に足らないのです。

香山リカさんなんかは、典型的なその例でしょう。

 

f:id:nobubkk:20181230220658p:plain

結び

玉川「ネット右翼に過剰に反応しても意味はないでしょう」

高木さん「玉川さん過剰に反応してない?笑」 羽鳥「うん!」

玉川「僕は自戒を込めてです。」

 

玉川「テレビにしろ、メディアにしろ、講演とかね、電話かかってくるかもしれないけど大したことではないんで、そういうのを恐れずにちゃんとやりましょう我々はというふうな意味を込めて書かせていただきました。」

 

羽鳥「だ、だれに向けてるの?」

玉川「ボク(笑)」

羽鳥「そんな気がした」

f:id:nobubkk:20181230220809p:plain

 

まとめ

最後のやり取りで、玉川さんもネットからの批判に苦しんでいることがよく分かりました(笑)

たぶん、周りの人からもそれは指摘を受けているんでしょう。

こうしてテレビに出て発言する人は大変ですね。

 

その点、ネトウヨというのは自分の姿を現していませんから気楽なものです。

こういった点でいうと、たしかにネトウヨの意見というのは大した影響力はないものです。

 

古谷さんにしても、正直言ってあまり好きにはなれませんが、自分を晒して意見を述べることに対しては敬意を持ちます。

できればネトウヨ研究家というのなら、もう少しネトウヨについて知っていてほしかったと思いますが。

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村