noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

今年最後のK-1「大阪大会」は・・・熱かった!名勝負連発、皇治の気持ちの強さに感動!

こんにちは、ノブです。

 

今回のK-1・・・熱かったっす!

以前、那須川天心VSメイウェザーが決まったら、K-1が小さく見えたように思っていましたが、すみません土下座して謝ります。

武尊、皇治安保瑠輝也野杁正明林健太、大沢文也篠原悠人、朝久泰央。

素晴らしかったです!

 

以下、試合結果に触れていますので、結果を楽しみにしている人はまず試合をご覧くださいね。

今日から5日間はAbemaTVで無料で見ることができるそうですよ。

abema.tv

 

 

 

メインイベント「武尊VS皇治

メインイベントにふさわしい、素晴らしい闘いだった。

戦前の私の予想は、武尊選手の圧勝。

皇治選手の1ラウンドKO負けが濃厚だと思っていました。

 

しかし、皇治の気持ちの強さは半端じゃなかったです。

あまり試合前に相手を挑発する選手は好きじゃないので、当然私はどちらかと言えばアンチ皇治

あんだけビッグマウスをたたいてどんな負け方するのか、試合後にどんなコメントをするのかが楽しみなくらいでした。

www.youtube.com

 

そんな私でしたが、今回のこのタイトルマッチ、控えめに言って"感動"しました。

 

試合では、ぜったいに倒れない!という強い意志がはっきりと伝わってきましたね。

特に第3ラウンドは、かなり打たれっぱなしになるシーンもあり、フラフラになりながらも倒れず、力が入っていないながらも懸命に打ち返す姿には、根性で闘う男の美しさを感じざるを得ませんでした。

3ラウンドを戦い、終始圧倒した武尊が判定勝利しました。

が正直、武尊VS皇治の試合の主役は勝った武尊ではなく負けた皇治だったと思います。

判定決着とはいえKOでの結果が出るより、心に残るものがあったような気がしました。

 

さらに一つ付け加えると、解説の魔裟斗関根勤は3R一言も喋ってない!

「あぁ・・・」とか「おお!」とか「イッ!」とかだけ。

確認しましたが、解説や感想など本当に一言も言っていない。

仕事しろよ(笑)

まあ、それくらい第3ラウンドの皇治の奮闘には心打たれるものがありました。

www.youtube.com


 

安保瑠輝也VS山崎秀晃

これも素晴らしい試合でしたねー。

ここ最近の注目株安保瑠輝也選手がかっこいいです。

 

ほんと顔も男前ですが、パンチやケリの一つ一つがかっこいいんですよ。

長い手足を使った力強い攻撃、堅い防御。

瑠輝也選手の試合の後に他の選手の試合を見ると手足の短さが気になるくらいです。

www.youtube.com

山崎選手ももちろん強い選手ですが、瑠輝也選手が山崎超えですね。

 

試合は、お互いにダウンを一つずつ取って判定、その後エキストララウンドまで行き、最後は瑠輝也が山崎からダウンを取って勝利しました。

 

こちらも判定になりましたが、全然退屈な試合ではなかったです。

むしろ、ここまでの試合の中ではベストバウトと言えたでしょう。

 

あと瑠輝也選手は、試合中の殺気立った迫力と、試合後のさわやかな表情・コメントや退場時の深々とした礼などのギャップも魅力です。

スター性がありますね。

そういった点では、今回は強いタイ人に苦しんだ武居由樹選手に共通したところがあるような気もします。

 

篠原悠人VSゴンナパー」「林健太VS篠原悠人」「林健太VS大沢文也

ライト級トーナメントも良かったですねー。

大本命はゴンナパー・ウィラサクレック

私の中ではゴンナパー一択でした。

頭一つ・・・いや二つは抜けているかなと。

 

www.youtube.com

ところが一回戦、ゴナンパーは篠原悠人選手に開始3秒ファーストパンチでダウンを取られ、そのまま25秒に2回目のダウンを喫してあっという間に姿を消してしまいました。

 

優勝候補のゴンナパーを瞬殺した篠原悠人

このトーナメントは篠原悠人が来るかな?と思われた第2試合。

www.youtube.com

今度はその篠原悠人林健太に1ラウンドKO負け!

どうなってんだー!?

今回のトーナメント面白い!と思わせた試合でした。

 

そして決勝は、林健太VS大沢文也

www.youtube.com 

正直予想していなかった組み合わせ。

 

ところがここも大沢文也のど根性に熱くさせられました!

皇治の根性にも全く引けを取らないくらいの熱い闘い。

しかもトーナメント決勝なので、今日3試合目。

 

試合結果は、大沢選手が3ラウンドにダウンを取られてレフェリーストップ。

林健太選手が優勝しました。

大沢文也、負けたけどかっこよかったです。

 

野杁正明VS松岡力」

この試合は、壮絶な打ち合いとか熱い気持ちのぶつかり合いとかじゃなくて、野杁正明の戦慄の強さが際立つ試合でした。

www.youtube.com

 

ここのところやけに強い野杁選手ですが、今回も全く相手を寄せ付けない別次元の強さを見せてくれました。

試合を観戦していたチャンピオン久保の緊張した面持ちが印象的でした。

 

試合後に、野杁はピケオーとの対戦を要求。

野杁ならピケオー止めできるんじゃないかと期待してしまいます。

 

安保璃紅VS朝久泰央」

この試合も非常に良かったですね。

若い二人の闘い。


abema.tv

3回の金的は残念でしたが、試合は終始朝久泰央選手が安保璃紅選手を圧倒して勝利しました。

安保璃紅もここまで強さをしっかりと見せてきていたんですけどね。

今後の二人の成長を期待したいです。

 

那須川天心と闘りたい!

大会の最後に武尊がついに発言しましたよ。

あの男と闘いたいと!

abema.tv

いや、はっきりとは口にはしませんでしたがね。

でも、口にしなくてもみんなが分かっています。

 

闘りたい相手は年末に世界のスーパースターとボクシングで戦う「那須川天心」。

でも、那須川天心に関して、K-1は大雅と契約解除、那須川天心を訴えていますからね。

実現は難しそうですね。

 

しかし、もはや武尊はかつてのK-1のスーパースター魔裟斗に並ぶほどのスパースターです。

屋台骨と言える武尊を、K-1としてもそう簡単に契約解除はできるはずもありません。

武尊が強く望めばファン垂涎の夢のカード「那須川天心VS武尊」が見れるかもしれません。

これは大いに期待したいところです。

 

ちなみに武尊がそんな爆弾発言をしてしまった後の宮田プロデューサーの顔は・・・

f:id:nobubkk:20181209043631p:plain

この後ため息をついて写真撮影に臨んでいたのを私は見逃しませんでしたよー(笑)

御しがたい若者たちに困惑しているというところでしょうか。

 

ただ、今回のK-1大阪大会は大成功だったと思います。

ひとえに宮田プロデューサーのマッチメークが良かったおかげだと思います。

選手たちがかみ合ったからこそのこの熱い大会になったことは間違いありません。

 

その素晴らしいマッチメーク力で武尊と那須川天心の最高の舞台を作り上げてほしいと期待しています!

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村