noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

おもしろい!同人作家にイラスト発注できる「Skeb」

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20181003152820p:plain

秋篠宮殿下が大嘗祭に公費の支出はいらないとNoを突き付けたけれども相手にされなかったと憤慨されていたそうです。

憲法で定める政教分離に反するということが理由のようです。

天皇の即位に公費を出すことが何の問題なのか私には分かりませんが、出さない場合はどこからお金がでるんでしょうかね。

結局、出どこは公費なんではないかと思うのですが・・・

 

ま、それは良いんですが、それに対して訴訟を起こそうとしている団体があるそうです。

「即位・大嘗祭違憲訴訟の会」という団体は、国に1人当たり1万円の損害賠償と、儀式に公金を支出しないよう求める訴訟を起こすそうです。

大嘗祭「違憲」12月提訴へ(共同通信) - Yahoo!ニュース

なんであんたたちに1万円の賠償金を払わないといけないの?

これが賠償金1円とかなら義憤のようにも感じますが微妙な金額です。

気持ち悪い人たちだなと思うの私だけでしょうかね。

 

さて、今回はこんなサービスを見つけたのでご紹介。

 

 

 

「Skeb」とは

f:id:nobubkk:20181130224919p:plain

同人作家など登録クリエイターに有償でイラスト制作を発注できるサービス「Skeb」を、クリエイター支援事業を展開する外神田商事が11月30日に公開した。SNSアイコンなどに使うイラストを手軽に依頼でき、海外からの依頼はクリエイターの使用言語に自動翻訳。製作開始時点で運営側が報酬を預かることで、未払いを回避する仕組みも備えた。

www.itmedia.co.jp

 

これ面白いですねー。

すでに直接販売するサイトなどはありますが、間に仲介が入ることでたくさんのメリットが出てきています。

 

  1. 依頼・受注がカンタン
  2. 自動翻訳で顧客は世界中から
  3. クライアントとクリエイターのやり取りは「リクエストをもらう」「納品する」の1往復
  4. 納品されたイラストの権利はクリエイターに属す
  5. クライアントからの報酬を運営が預かり未払いを回避
  6. 納品期限を過ぎれば運営が依頼主に返金

 

どれも双方にメリットがありますね。

とくに5と6に関しては、お金の面倒はみんな極力避けたいところでしょうからね。

ありがたいところではないでしょうか。

 

Skebのホームページ

11月30日公開のホームページですので、今日公開されたばかりです。

なので、ホームページからほとんど情報はありませんでした。

肝心な報酬がどの程度になるのかについても情報がなかったのは残念です。

ホームページはこちら

 

まずはアカウントを作ってログインです。

私はツイッターアカウントで自動サインアップできました。

ざっと48人のクリエイターが公開されています。

f:id:nobubkk:20181130232037p:plain

f:id:nobubkk:20181130232043p:plain

f:id:nobubkk:20181130232049p:plain

f:id:nobubkk:20181130232058p:plain

 

それぞれのアイコンをクリックすると、クリエイターのページに飛びます。

f:id:nobubkk:20181130232526p:plain

 

今はまだ「何もありません」になっていますね。

これからここにクリエイターの絵が飾られていくんでしょうかね。

 

アカウント情報には、名前やメールアドレスなどと並んで、こういう者がありました。

f:id:nobubkk:20181130232758p:plain

クリエイターの販売方法には、直接販売と委託販売があるようですね。

で、講座を登録しておいて、ある程度たまったら売り上げを出金申請して振り込んでもらうというわけですね。

アフィリエイトと同じ感じですかね。

 

まとめ

f:id:nobubkk:20181201000200p:plain

私が若いころには、絵が多少・・・いや、結構うまくてもそれが商売になるというのは考えられませんでした。

方向性はちがいますが、いらすとやなんかもインターネットの(ほとんど)なかった昭和の時代には想像もつかないショップ事業です。

しかし、ネットが発達した今の時代は普通の人がブログのアイコンなどに使いたいなどの小さなニーズがあり、それに対してプロに限りなく近い人が需要を満たすという構図ができ上がってきています。

 

f:id:nobubkk:20181201000214p:plain

プロの方々には受難の時代ですが、セミプロの方々には大いに腕を振るう機会がある良い時代になってきたのではないでしょうか。

もちろん、それを求める一般の利用者たちが一番喜んでいると思います。

 

プロを抱える事業者たち時代の変化にうまく乗り、取り残されないように知恵を絞らないといけませんね。

今回のこのサイトがうまくいくかは分かりませんが、こうした時代の流れに乗った事業はきっとうまくいくのではないかと個人的には思います。

 

f:id:nobubkk:20181201000230p:plain

クリエイターは現在のところ、個人では仕事が取れない人たちだと思います。

しかし、こうして多くのクリエイターが集まり顧客を集めていくと、クリエイターの中での序列も出てきて、人気クリエイターが出現することでしょう。

その人気クリエイターは、そのうち独立して個人で仕事を始めるかもしれません。

中間搾取されてしまいますからね、ここでは。

ただ個人で独立できた人にとってはこのサイトは一本立ちさせてくれた親のような存在になるでしょう。

 

f:id:nobubkk:20181201002025p:plain

逆に、あまり人気のない人は喜んでずっと続けることになるでしょうね。

なにしろ、月に一度でも仕事が舞い込めば少しはお金になるわけですから。

多少中間搾取されてもここに属していなければそもそもその収入はなかったわけで。

所属することでお金を取られるのなら別ですが、所属自体は無料ならば自分の才能を使った良いアルバイトになります。

 

f:id:nobubkk:20181201000859p:plain

うまい商売です。

言ったら、クラスで3番目くらいにかわいい子を集めたAKBのようグループみたいなものでしょうか。

セミプロを集めて、数の力でグループとしてのし上がる!

センター取ったら卒業!みたいな。

うんうん、そう考えるとやっぱりうまい商売です(笑)

 

私は絵が下手なので、上手な絵を描ける技術を持っている、それだけで尊敬に値します。

クリエイターの方々には頑張ってほしいですね。

skebのホームページはこちら

 

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村