noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

「さくらんぼ計算」をけしからんと言う人がいるらしい

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20181126172657j:plain

世の中にはわけの分からない人が、いっぱい隠れているようです。

さくらんぼ計算というのをご存知でしょうか?

これに、わざわざクレームをつける人がいるようですね。

こんなことに真剣にクレームをつけられることを、ある意味尊敬してしまいます・・・

 

 

 

さくらんぼ計算とは

f:id:nobubkk:20181126185146j:plain

そもそもさくらんぼ計算とはなんでしょう。

 

6+7を計算するときに、みなさんどのように計算しますか?

1ケタの足し算なんて簡単すぎて、もうどのように計算するのかさえも、よく分からない大人もいるのではないでしょうか。

小学校1年生の時に習ったことですから、覚えていない方が普通かもしれません。

 

このさくらんぼ計算ではこのように計算します。

6+7でたし算のうしろに7があるので、6を3+3に分解します。

そうすると6+7=(3+3)+7となり、3+7の組み合わせができて10になるので、残った3と合わせて13と計算するそうです。

要するに、10の組み合わせを作るんですね。

6の分解はうしろにある数字で2+4にするのか、1+5にするのかと変わっていくわけです。

 

このとき、6を3+3に分ける図がさくらんぼのように見えるので、小学生向けにさくらんぼ計算と名付けたのだろうと推測できます。

f:id:nobubkk:20181126174004j:plain

 

個人的にはとても分かりやすい教え方だなーと感心しました。

そろばんで10の数を作るのと同じイメージでしょうか。

私も子どものころこの方法を習って、この方法に慣れていっていれば、暗算がかなり早くなっていたのではないかと感じます。

 

ところが、このさくらんぼ計算に"クレーム"をつける人々がいるのだそうです。

 

さくらんぼ計算へのクレーム

さくらんぼ計算へはいろいろな意見が出されているそうですが、こちらの記事によると6+7を計算するにあたり、

 

①前の数字6=3+3にして、(3+3)+7とする

②前の数字7を4+3にして、6+(4+3)とする

 

の2通りがあるので、子どもが混乱してしまうからダメだ!というクレームがあるのだそうです。

 

クレームの趣旨としては、「前の数をさくらんぼに分けるのか、後ろの数をさくらんぼに分けるのかを統一しろ!」ということですね。

それに対して「どちらかに統一するのはけしからん!」というような非難合戦が繰り広げられているとか。

 

 

・・・あほらし。

こんなことに真剣にクレームをつけることができるその肝っ玉に感心しますよ、私は。

 

 

f:id:nobubkk:20181126192326j:plain

前で分けるか後ろで分けるか、それで混乱する子がいるのは分かります。

まだ小学1年生なんですから、成長の度合いによってはどちらかに統一した方が分かりやすいという生徒もいることでしょう。

 

けどね、そんなもん個々の生徒で対応すればいいことじゃないの?

 

例えば、最初の説明では前の数字をさくらんぼにするように教えておいて慣れさせてから、

「後ろの数をさくらんぼにしてもできるんだよー。でも無理して後ろの数でやらなくてもいいからね。」って一言入れておけばそれで済むでしょう。

 

理解できる子は前と後ろどっちがやりやすいか考えてやるだろうし、あまり理解できない子は前でやるようになる。

 

いずれにしろ、もう少し成長して来ればどちらでもできるようになるのだから、そんな細かいことで一生懸命クレーム入れるなんてナンセンスではないかと思いますがね。

jbpress.ismedia.jp

 

 

または、6+7と7+6が同じであること(加算の交換法則)を教えてしまえば、前の数をさくらんぼにするという説明一本でも問題はないでしょう。

 

 

まとめ

f:id:nobubkk:20181126192430j:plain

教育に対する保護者の気持ちとしては、子どもに分かるように教えてくれれば細かいやり方はプロである先生にお任せしますとなるのではないでしょうか。

大半の親は、6+7でも7+6でも、さくらんぼでも、さくらんぼでなくても、はっきり言ってなんでもいいから「うちの子がちゃんとたし算できるように教えてくれ」だと思います。

 

大学の偉い教授先生は「何でもいいからではいけない」とか「数学の魅力」について語るかもしれませんが、正直一般庶民にとっては本当にどうでもいい(笑)

 

とはいえ、先生が丁寧な授業を心がけてもらえれば、中にはその教科に興味を持つ子供が出てくるかもしれない。

 

なので、学校の先生たちにはさくらんぼ計算のような分かりやすい教え方をたくさん研究して、子どもたちが理解しやすい授業を心がけてほしいです。

分かりやすい授業であれば、子どもたちは学校が楽しくなります。

そして、理解度が高まるので、その科目が好きになっていくでしょう。

 

さくらんぼ計算は前の数をさくらんぼにしろ!」なんて言ってくるようなモンペなどに委縮しないで、しっかりと子どもたちに教えられる環境で頑張ってほしいなと思います。

 

      

 

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村