noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

2025年大阪万博開催決定!実弾飛び交う投票戦

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20181125160054j:plain

決まりましたねー!大阪万博

大阪への経済効果は相当なものになるでしょうね。

 

大阪万博と言えば太陽の塔。(知らない若者はいったん無視して)

製作者は岡本太郎です。

私が子どものころに岡本太郎片岡鶴太郎を混同していたことは、永遠の秘密です(笑)

f:id:nobubkk:20181125161916j:plain

 

 

 

大阪万博ふたたび

大阪万博と聞いて私のようなおじさんは、「また?!」と思ったのではないでしょうか?

なにしろ、昭和45年(1970年)に大阪万博は一度行われています。

シンボルとして作られた「太陽の塔」は有名ですね。

f:id:nobubkk:20181125161325j:plain

ちなみに、フランスのエッフェル塔もパリ万博のときに作られたときのものなんですよ。 

 

大阪には万博公園がります。

大阪近辺の在住者なら若い子でも、万博を昔開催したことがあることくらいは知っていることでしょう。

www.expo70-park.jp

 

 

マンガで言えば、浦沢直樹の「20世紀少年」で大阪万博のイメージを持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

浦沢直樹のいつまでたっても話の先が見えないあの描き方、私は好きです。

f:id:nobubkk:20181125183153j:plain

 

2025年大阪万博決定の瞬間!

大阪に決まった瞬間の様子です。

スゴイ盛り上がり!

誘致に頑張ってきた人たちは、喜びもひとしおだったことでしょうね。 

youtu.be

 

私知らなかったんですが、万博って国際博覧会条約という条約に基づいて、博覧会事務局(BIE)に登録されているんだそうです。

このBIEというのが次のポイントになります。

わたしたちが普通「万博」と言っている「国際博覧会」は、国際博覧会条約という国際条約に基づいて、正式に博覧会事務局(BIE)に登録又は認定されたものなのです。

万国博覧会とは?

 

決定の裏側で・・・

今回の万博誘致は投票で多数決によって決まりました。

おもしろいのは、投票に参加できるのは博覧会国際事務局(BIE)に分担金を納めた国だけ。

当初は130か国程度が投票権を持つと見られていたそうですが、直前に20か国近くが分担金を支払い156か国が投票に臨んだそうです。

 

そもそも分担金を払っていないことがどうかと思いますがね。

ただ、これは国連なんかでも同じなので、お金は払わずにこういう機関に参加するというのは"国際常識"では多いのでしょうかね(笑)

 

で、素直に見れば「投票したいから分担金を支払った」のかなー、と見ることができなくもないですが、"国際常識"からいってそれはあり得ないでしょう。

 

実は、ライバル国(たぶんロシア)が滞納している分担金を肩代わりして支払ったとみられているそうです。

 

それに対して日本は、分担金を肩代わりしないが、発展途上国へJICAやODAによる援助メニューを個別に伝える作戦をとったのだそうです。

分担金を払うより、その国自身が求めているものを援助することで票をしっかりと積み上げることに成功したということでした。

 

www.jiji.com

 

 

当然ながらこれ普通の選挙なら、分かりやすく選挙法違反。

実弾(カネ)をぶっこんで票の積み増しをする、利益誘導を約束する、なんてまるで昭和の選挙のようですね。

 

相当金がかかったことでしょうが、それによって大阪が得る経済効果は、5000億円とも2兆円とも言われています。

さすが大阪商人、多少汚い手を使ってもきっちり実利を得ることに成功しましたね。

 

大阪維新の会

f:id:nobubkk:20181125170820j:plain

今回の大阪万博誘致の立役者はもちろん大阪維新の会

他の政党であればこんな大仕事を成し遂げることはできなかったのではないでしょうか。

 

大阪は借金問題もすっかり解消し、今では何百億円と積み立てているそうです。

大阪への外国人旅行者もかなり多いようで、お金が雨あられと落ちているのではないでしょうか。

この大阪の目覚ましい躍進は、大阪維新の会でビジョンを持って政治を進めてきた結果でしょう。

大阪在住者にとっては、大阪維新の会様様ですね。

こうして着々と成果を出している政党にはどんどん頑張ってもらいたいなーと思いますね。

 

今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村