noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

ゼロから始めるJava学習 in バンコク その32 Progate編-4 paizaラーニングに戻るべきか、Progateで進めるべきか・・・

もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180803142726p:plain

paizaラーニング」を利用してJavaの勉強に取り組んでいたが、クラスに入ったところで内容が難しくなり、勉強が進まなくなってしまった。

そこで復習がてら、別のオンライン学習も使ってみようと思い、今は「Progate」を利用してJavaの勉強をしている。

 

 

 

Progateでの進捗状況 道場コースⅠ終了

ProgateでJavaⅠ、Ⅱ、Ⅲメソッド・クラスまで終了した。

JavaⅣに進む前に、「道場コースJavaⅠ」というレッスンがある。

Progateはぽんぽん先に進んでいくので、演習量が少ないのがちょっと不安だったが、ここでまとめて演習をするシステムになっていた。

f:id:nobubkk:20181124130043j:plain

 

 指示通りにプログラミングしながら今までの復習をする。

なんとか思い出しながらやってみたが、1回目のチャレンジではメソッドの作成まではできたのだが、それをクラスに分離するときの細かい方法が思い出せず断念してしまった。

 

そのあともう一度メソッド、クラスを復習してから、道場コースに臨み無事クリア。

ついでに記憶を安定させるため、もう一度クリアして道場コースは終了とした。

同じ問題だからということもあるが、3回復習するとだいぶしっかりと記憶が定着したと思うし、どこの理解が足りていなかったのかもよく分かった。

 

f:id:nobubkk:20181124130549j:plain

 

paizaラーニングの方は・・・

paizaラーニングのほうにはしばらく入っていないが、Java入門編7の3回目で止まっている。

f:id:nobubkk:20181124131040j:plain

 もともとクラスのチャプターで頭がこんがらがってきたため、Progateでの勉強も始めた。

そのクラスについては、paizaラーニングでは入門編7と入門編8で全16回分ものレッスンが用意されている。

メソッド、クラスの勉強は大事なことなのだろうと分かる。

f:id:nobubkk:20181124131446j:plain

ちなみに、Progateでは1時間程度あればメソッドとクラスをすべて通して復習できる。(はじめてだともう少しかかる) 

 

paizaラーニングに戻るべきか、Progateで進めるべきか

f:id:nobubkk:20181124133245j:plain

Progateでクラスの勉強が終わったので、paizaラーニングのわからなくなっていたところに戻って勉強するのが良いのではないかと思う。

 

しかし、ここでふとネックになったのが、動画だと音が出るということだった。(今さら?)

そりゃ動画だから音がでるんだが、スライドでレッスンを進めるProgateだと音がでないので、まわりを気にせず勉強ができる。

 

例えば、家族が寝静まってからでも、スタバでコーヒーを飲みながらでも、何なら仕事中にこっそり隠れてでも勉強ができる。

しかし、paizaラーニングだとそれができないことに、今さらながら気がついてしまった。 

 

たまたま、paizaラーニングに戻るべきか、このままProgateで次のレッスンに進めるべきかと悩んだ時に、周りに気を遣わないといけない状況だったからというのもあるが、ほんの少しだけ勉強する場所を選んでしまうなーと感じた。

 

結局、Progateを進めることに

ちょっと周りの環境が音を出せない環境だったので、Progateで次のレッスンにはいることにした。

サクサク進むので、Progateのほうが気持ちはラクだ。

 

JavaⅣはオブジェクト指向について学ぶ。

一番最初に何のプログラミング言語を学ぼうかと考えた際、よく出てきた言葉だ。 

f:id:nobubkk:20181124132650j:plain

 

とりあえず、今少しだけオブジェクトについて勉強を始めたところだ。

具体的な対象物が2つになったりするようだ。

なるほど、ゲーム作成などでは対象物は一つではないしなーと考えながら勉強を始めた。

 

対象物が多くなると制御するのも大変そうだが、これからさらに多くのことができていきそうだ。

実に興味深い。

これからが楽しみだ。 

 

今宵はここまで。また次を楽しみにしておれ。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村