noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

三日月蹴りの菊野克紀主催イベント「敬天愛人」KOできなければ観客が審判「あなたが審判!主観でジャッジ!」

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20181003152820p:plain

格闘技は試合なので、ルールがあり勝利の条件があります。

そして、それをジャッジする審判がいます。

・・・というのが常識だったのですが、KOできなければ観客が審判する。

そんな大会が鹿児島で開かれます。

 

 

 

三ケ月蹴りの菊野克紀主催の格闘技イベント"敬天愛人"

面白い取り組みですねー。

KOで試合が決着しなければ、審判が判定をするのではなくて観客が勝敗を決めるんだそうです。

ノックアウトできなければ、観客が「審判」となり多数決で勝敗を決める--。そんな観客参加型の異種格闘技イベント「敬天愛人(けいてんあいじん)」が11月11日、鹿児島市鹿児島アリーナで初開催される。

 

mainichi.jp

勝敗を決めるのは、ダウンやギブアップ、そしてリングから3回出るなどするとKOとなるそうです。

これは、ドラゴンボール天下一武道会方式ですねー。

f:id:nobubkk:20181022165153j:plain

 

天下一武道会と違うのは、KOで勝負がつかなかった場合、観客が「投票」して過半数の観客に支持された選手が勝ちとなります。

そのため、戦いぶりだけでなく、技の美しさや格好良さ、パフォーマンスの面白さなども含めて、観客が判定をしていくスタイルだそうです。

 

なんだか楽しそうですね。

真剣勝負の試合もいいですが、イベントとして見に行くにはこういうのもアリかなと思います。

 

タイではお酒と一緒に「ムエタイ観戦」できるところがあります。

リングの周りでお酒を飲んでると、そのうちムエタイの試合が始まるのです。

まあ、試合といってもショー的なものなのですが、それでも素人目には迫力十分。

酒のつまみとしては十分楽しめます。

 

趣向を凝らしたイベント

また、このイベントほかにもいろいろ楽しそうなことをやっています。

3つのゾーンに分かれていて、「勇気ゾーン」「HEROゾーン」「笑顔ゾーン」があるそうです。

勇気ゾーンでは、ミットうち、受け身体験、大声コンテストなど十の格闘技体験で勇気を学べるそうです。

笑顔ゾーンでは黒豚カレー、さつま汁、両棒餅など二十のご当地グルメを楽しめるそうです。

HEROゾーンは「HERO」に会えるということなので、菊野選手をはじめとする選手たちに会えるのでしょう。

高校生以下は無料で子どもから大人まで一日中楽しめるお祭りになっているそうです。

いいなー、近くにあればぜひ行きたい!

f:id:nobubkk:20181022181340p:plain

 

菊野克紀

菊池選手は以前DEEPでチャンピンとなり、その後DREAMやUFCで活躍しました。

菊野選手必殺の三日月蹴りはかっこよかったですねー。

 

今は株式会社KOKKI代表取締役社長なのだそうだ。

 

そしてこういうイベントを行っているんですね。

協賛企業もたくさんあり、クラウドファンディングもやってますね。

格闘家っていうイメージが変わります。

 

まとめ

今回のイベントは菊野選手の「格闘技への偏見を払しょくしたい」という思いがあったそうです。

そこで現状を打破するためには、「分かりやすさと観客との一体感が必要」と、今回のイベントを考案したとのこと。

支えてくれた地元ファンに恩返しをしようと鹿児島開催を決めたそうです。

個人的に、地元でイベントを開くというのが、なんとなくバンコクに住んでいると気持ちがいいです。

 

「格闘技には強敵に立ち向かう勇気や、全力で殴り合った後で相手に感謝する気持ちなど、子供が学べることもたくさんある。これまで興味がなかった人にも親子で足を運んでほしい」

 問い合わせ、チケット代などの詳細は「敬天愛人」のホームページで。

敬天愛人|鹿児島での格闘道イベント

 CMも流しているみたいです。

www.youtube.com

 

それでは今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

(追記)

菊野選手からツイッターリツイートされた。

うれしい!

菊野選手のオフィシャルサイト

kikunokatsunori.com

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村