noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

「JR東の無人決済店舗で“万引き”してみた」日本もついにここまで来たか!

こんにちは、ノブです。

f:id:nobubkk:20181003152820p:plain

「JR東の無人決済店舗で"万引き"してみた」このタイトルに衝撃を受けましたねー。

 

ついに日本でも無人決済が実用化ですよ。

 

 

 

JR東の無人決済店舗

JR東日本が、AI(人工知能)技術を用いた無人決済システムの実験店舗を、赤羽駅(東京都北区)の5・6番ホームに10月17日オープンする。店内のカメラが客の動き、手に取った商品を認識し、購入額の計算から決済まで自動で行う。

 

場所は赤羽駅の5・6番ホームです。

オープンは今日(2018年10月17日)。

キオスクのサイズなのでかなり小さい店舗ですが、それでも無人で決済というものには近未来感を感じてしまいます。

いや、もう近未来ではないか。

 

天井には16台、棚には100台のカメラがついていて、そのカメラでお客を追跡しているそうです。

キオスクサイズの店に116台のカメラ!

カメラだらけの店ですね。

 

記事では万引きしてみたがやはり万引きはできなかったという結論ですが、どのようなシステムで決済に持ち込まれるのかが明らかになると、また違った方法での万引きが出てくるのではないかなと個人的には思ってしまいました。

www.itmedia.co.jp

 

無人決済店舗の現状

中国

今やIT先進国。

現金の信用度や国民の監視などの理由はあるにせよ、この分野での中国は明らかに先進国です。

中国で無人店舗急増 カラオケやコンビニ…外国人やスマホ困難な中高年には不便 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

中国では、無人コンビニ、無人カラオケなどすでに無人で営業している店舗がたくさんあるそうで、

無人店舗の市場規模が、5年後には9500億元(約16兆1500億円)に膨らむとの、驚くべき予測

も出ているそうです。

 

5年後(2023年)に16兆円越えですよ!

ちなみに、日本のコンビニ業界の総売り上げが約12兆円。

中国の予測はすべてがコンビニではないし、人口の差も大きいけれども、日本のコンビニの総売り上げ以上の金額を「無人店舗」のみで稼ぎ出すという桁違いの迫力。

中国という国に飲み込まれないよう、日本は知恵を絞って渡り合っていかなければなりませんね。

 

アメリ

アメリカではアマゾンGoが5号店まで出店しています。

目標は3000店舗!

www.newsweekjapan.jp

しかし、アメリカ人も困惑している様子が見て取れますね。

あまりにも革新的すぎる店舗であるため買い物客が戸惑う様子も報告されている。「本当に商品を持って出ていってもいいの?」と尋ねる人が後を絶たないのだ。

うんうん、たしかに店を出る前に本当にこのまま出ていいのか思わず聞いてしまいたくなる気がします。

 

しかし、開店には100万ドル(1億1千万円)以上かかるようで、果たして今後順調に店舗が増えていくかは疑問があるようです。

 

日本

日本ではローソンが無人店舗に似たような取り組みを始めています。

www.businessinsider.jp

ただ、こちらはそもそも商品をいれた買い物袋などを、店を出る前にゲートに通す必要があります。

赤羽駅のホームにできたキオスクの無人店舗とはちがい、万引き対策は必要なようですね。

 

また、お酒やたばこなどは本人確認が必要なので販売はできないとのこと。

本人確認こそAIの本領を発揮できる分野のようにも感じますが、プライバシーの問題もあり日本では難しいかもしれませんね。

 

まとめ

今後、AIを利用してコンビニやスーパー、それらに限らず多くの店舗で無人化が進むことは間違いないでしょう。

企業としてはAIを利用すれば人件費がかからない、休みもいらない、不満も言わない、「3ない」が揃ったAIは未来の救世主です。

ただ、今の時点ではまだまだ過渡期。

 

ローソンの記事にありましたが、中国のコンビニは品ぞろえが少なくて魅力が少ない、アマゾンGoは1店舗に1億円の高額な設備投資がネックになるので、その中間をとってローソンは買い物ゲートに商品を通すというスタイルになっているようです。

もちろん、最終的に目指すべきはアマゾンGoでしょうが、これからどのように発展していくのか楽しみですね。

ただ、日本はガラパゴス化が好きなので、また日本独自の進化を進めていくかもしれませんね(笑)

 

タイでもはやく始まってほしいなーと思います。

それでは今宵はここまで。また次回をお楽しみに。

 

 

追記(2018.10.20)

お茶一本の買い物時間20分という記事が出てました。

うまく回るようにしてほしいですね。

お茶1本買うのに、なんと「20分」! 話題の赤羽駅「無人AI店舗」を体験 (Jタウンネット)

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村