noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

KAZUYAと池上彰と虎ノ門ニュース

 もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180803142726p:plain

 

 

Youtuber KAZUYA

昨日の虎ノ門ニュースにYoutuberのKAZUYA氏が出演した。

Youtuberというものにあまり興味はないので正直言ってKAZUYA氏のことはあまりよく知らないのだが、ときおりKAZUYA氏の名前は聞いており、動画もときどき見ていた。

ツイッターなんかでも最近は某精神科医とのやりとりが流れてきて、それも面白く見ていた。

 

昨日の夜、DHCチャンネルで見たのだが、KAZUYA氏は想像していたよりもしっかりとした青年で年齢も30歳ということではないか。

dhctv.jp

まだ20代をやっと出た程度で、あれほどしっかりと自分の考えを説得力持って話できる30歳もいるんだなと感心した。

自分が30歳の時とは雲泥の差だ。

 

しかも2時間もの長時間喋りっぱなしでまったく話を途切れさせることなく、知識不足を露呈することもなく、百田先生と同等に渡り合えたことには驚きを禁じ得ない。

どうせ素人・・・なんて思っていたが、Youtuberおそるべし。

自分の先入観を反省したい。

 

KAZUYA Channel

彼の「KAZUYA Channel」は53万人の登録者がいるそうだ。

中韓ネタでけっこう過激なことも言うようだが、そもそも政治的な話をするYoutuberで53万人というのはすごい!

 

男前で、声質がいいのもYoutuber向きだなと思う。

言葉遊びも面白く、多少滑ったネタもあったが、面白いネタも多かったのはやはりYoutuberとして場数を踏んでいるからだろう。

北海道の左寄りの話には笑ってしまった。

サラリーマンをやっていたころ、普通のサラリーマンに向いてないなと思ったそうだが、Youtuberが彼の天職だったのかもしれない。

 

KAZUYA Channel

www.youtube.com

 

ウソだったのか!池上彰

さて、虎ノ門でも話が出たが、ツイッターで今新たなMe Too運動が起こっているのをご存じだろうか?

あの池上彰さんが、フジテレビの番組で子役を使ってやらせをやったのではないかという問題だ。(池上彰およびフジテレビの企業広報室は否定)

しかも、この番組のスポンサーは朝日新聞(笑)

 

今現在、出演した70人の子どもたちのうち、30人が劇団や芸能事務所に所属する「プロ子ども」だったと判明している。

netgeek.biz

 

番組は、劇団に所属するプロ子どもが、信じられないくらい上手な受け答え、子どもとは思えない語彙の使い方で番組を盛り上げている。

台本のあったやらせだったのでは?と疑いたくなるのも仕方がないのではないだろうか。

 

こちらで分かりやすくまとめている。

netgeek.biz

 この記事では池上彰さんにパクられた人が5人いるとなっているが、さらに増えていていまネットでざっと確認できるだけで、八幡和郎、有本香、宮下研一、坂東忠信高橋洋一上杉隆池内恵などが池上彰にパクられた、またはパクられそうになったと告白している。

 

具体的には、

八幡和郎(徳島文理大学教授、評論家、歴史作家)

池上彰の番組から取材があってさんざん時間を取らされたあと、「池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか」といわれたので、断固、「私が言ったことをいっさい使ったりよく似たことを池上に言わせないように」といって電話を切ったことがある。こんなのがジャーナリストのような顔してるのがおかしい。」

  

有本香(ジャーナリスト)

 

 宮下研一(株式会社イグジット、ウェルリンク株式会社)

「全く同様の経験があります。私が関連するホームページの中身をテレビで発表したいと言って、事務所の人間が取材。こちらも喜んで懇切丁寧に説明しました。 ところが最後に「池上の方針で池上の意見として」と、全く同じ言い方をしたのです。 何が池上の方針だ! かっぱらいが「これからお宅の商品をただで持っていくが、決して泥棒じゃないよ。それが俺の方針だ」 と言うようなもの。 すぐに断りました。 ジャーナリストなんて言ってますが、記事泥棒ですね。説教泥棒っぽい感じもありました。」

 

 坂東忠信(元刑事、作家)

 

 高橋洋一嘉悦大学教授)

 などなど。

 

儂は哀しい。信用できるのは虎ノ門ニュースだけなのか・・・

儂は、池上彰さんの本は何冊も買った。

一時期は、池上彰さんの本ならもう全部買ってもいいんじゃないか?と思えるくらいに彼の本を読んでいた。

それだけに、今回の騒動は本当に残念で仕方がない。

 

NHKあがりで中国寄りなところは好きではないが、とても分かりやすい解説を丁寧にしてくれて、いろいろな疑問に的確に答えてくれる人だと思っていた。

もしも、今回の騒動が本当だったとしたら、ジャーナリストと名乗ることはやめてほしいと心から思う。

儂ら一般人にとって、本当のことを分かりやすく丁寧に教えてくれるのは、もう虎ノ門ニュースしかないのだろうか。(言い過ぎか?笑)

 

もともとあんまりメディアを見ないので生活に支障はないが、今回の騒動はなんだか裏切りに合ったような気分でちょっとだけ気分が落ち込んでしまった。

 

 

今宵はここまで。また次を楽しみにしておれ。 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村