noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

DHCテレビに安倍総理出演!

もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180905000346p:plain

 

実は儂はほぼ毎日DHCテレビの「虎ノ門ニュース」を見ている。

毎日2時間という時間を作るのは大変だがその価値のある番組である。

 

虎ノ門ニュースに安倍総理大臣出演!

今日の虎ノ門ニュースには、なんと安倍総理大臣が出演をした。

dhctv.jp

朝のネット番組に総理大臣である!

まあ、かなり現政権寄りの発言の多い番組なので、安倍総理も出演しやすい環境であるが、それにしてもあのこじんまりとした雰囲気の番組に首相が出るのは驚きだった。

 

収録は9月3日に首相官邸で行われ、そのVTRを流す形で放送された。

総理の時間が押していて予定よりも収録時間が短くなったため、使える尺があまりなく(たぶん)、ほとんど切り貼りのないあまり編集されていない映像だったようだ。

 

今回の収録は、作家の百田尚樹さんが裏ではかなり頑張ってセッティングしていたようだ。

インタビュアーはジャーナリストの有本香さん。

論理明快な語り口で説得力ある言葉を次から次に紡いでいく、とても有能なジャーナリストだ。

時間が短かったため、あまり深い話はなかったが安倍総理大臣の“生”のイメージがつかめる貴重な放送であった。

 

収録の最後には、安倍総理のほうから「時間が足りなくてもっと話がしたかった。またの機会に。」と言っていたのが印象的だった。

こちらももう少し話を聞きたい!という感じのVTRだったので、こういう言葉がでてくるのは嬉しい。

しかも、「またの機会に」は2度も言っていたのできっと良い雰囲気で進んだインタビューだったんだろうなと感じることができた。

 

その後は、松井大阪都知事や関電の送配電カンパニー担当の方の電話インタビューがあり、いろいろと詰め込みすぎの神回であったと思う。

実際放送時間が10分ほど延長になり、上念司さんが朝日新聞本社に直撃電話を掛けたもう一つの神回を思い出すほど濃い内容であった。

 

炎上したニュース女子

DHCテレビと言えば、ニュース女子という番組が沖縄問題で炎上し多くの方にその名を知らしめたのではないだろうか。 

ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動 - Wikipedia

儂も「ニュース女子」という名前は知っていたが、キャピキャピした“女子”を、前面に出しておじさんを視聴者ターゲットにした軽い番組なんだろうと思っていた。

しかし、炎上した後に興味を持って見てみると、出演者のおじさま方が高い見識を持ち自分の言葉で説得力ある主張のできる方々ばかりなので、おバカキャラを演じる女性たちの軽さをしっかりと補う良い番組であることにびっくりした。

 

同じくDHCテレビが制作する「虎ノ門ニュース」も右寄りの番組として有名だが、論理明快で正確な情報を根拠に話を進めるので、話を聞いていると十分に納得できる話ばかりである。

右寄り批判をする方は左寄りの立場から説得力のある反論をして欲しい。

いや、左の立場からの反論もあるのだが、ネットやツイッターを見ても納得できる反論をできているとは思えない。

健全な議論ができる左の論客がいると、一視聴者として楽しいものになるのだがなー、そんな人が出演してくれればなーと、ときどき思っている。

 

リテラ

例えば今回左寄りの媒体として有名な「リテラ」では、今回の放送にこうかみついた。

「北海道地震が起きても安倍首相はネトウヨ番組『虎ノ門ニュース』出演強行!有本香、百田尚樹と和気あいあいの映像が」

lite-ra.com

ちょっと長いがぜひお読みいただきたい。

今回の虎ノ門ニュースの放送前に、北海道で震度6強の大地震が起きて北海道は大混乱に陥ってしまった。

つい数日前には台風の影響で関西が大打撃ををうけ、関西国際空港は海の中に水没し多くの人々が関空内に取り残され一晩を明かしている。

このような災害が続いたこともあり、番組内で有本香さんが今回の安倍総理大臣の出演シーンは数日前(災害の起こる前)に行われた収録であることを口を酸っぱくして言ったにも関わらず

だが、そんな緊迫した状況のなかで、なんと、本日の朝8時、安倍首相があのネトウヨ向け番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』に登場したのだ。

 しかもその内容は、司会の居島一平が「ついにこの瞬間が来ましたよ〜!」と大はしゃぎし、木曜レギュラーの有本香とともに、安倍首相が自ら番組タイトルを笑顔でコールするという脳天気なムードでスタート。

これである。

 

公平な観点から見て、この書き出しはないであろう。

最初から記事を書いた記者の感情なのか、もしくはサイゾー系列であるこの会社の立ち位置を明確にさせるためなのか、反安倍を目的とすることがミエミエの文章となっている。

北海道が地震になったら、安倍総理が番組に出演すると「無神経」「被災した国民をあまりに軽んじるもの」なのだそうだ。

まったく意味不明で、言いがかりとしか思えない主張である。

たしかに自民党の総裁選前に放送日を持ってきた点については、安倍総理はうまくやったなと思うが、反対の立場の人ならリテラの記事のように総裁選後に放送するべきだということになるのだろう。

総じて言いがかりが多く、とても説得力のある記事ではない。

嘘か本当か知らないが、「リテラ」の情報は2チャンネルではあの日刊ゲンダイよりも情報ソースとしての信頼価値が下に置かれているそうだ。

 

香山リカ先生

また、虎ノ門ニュースで以前話題になった人と言えば、精神科医香山リカ先生である。

ツイッターの誤作動発言をした残念な先生だ。

当時はとてもキレイな女性で外見の印象は良かったのだが、ツイッターの誤作動発言で虎ノ門ニュースの出演を降りてからは、中指たてて吠えている画像が出回ったりして幻滅してしまった。

とはいえ、左の方々にとっては大きな影響力のある方で、彼女は今回のリテラの記事をしっかりとリツイートしている。

やはり、儂の価値観からすれば言いがかりにしか見えないリテラの記事も、左の方々にとっては称賛すべき記事なのであろう。

ちなみに、つい先日香山リカ先生にかみつかれたYoutuberのKAZUYA氏が来週の虎ノ門ニュースに出演するそうだ。

こちらも楽しみである。

 

地上波では聞けない話が赤裸々に語られる虎ノ門ニュース。

見たことのない方はぜひ一度見てみることをお勧めする。

堅い話が苦手な方は、ニュース女子もおススメだ。

 

今宵はここまで。また次を楽しみにしておれ。

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村