noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

タイのPCはタイ語キーボード 日本語キーボード VS タイ語キーボード

もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180803142726p:plain 

儂は今タイのバンコクに住んでおる。

以前はシンガポールに住んでおった。

使っているパソコンはいちいち日本で買って持ってくるわけにもいかないので、現地で買ったものである。

長いこと英語キーボードタイ語キーボードのパソコンを使っていたのだが、最近日本から持ち込んだパソコンを手に入れた。

しかし、長いこと海外のパソコンを使っておったら、日本語のパソコンが使いづらくて仕方がない。

日本語キーボードとタイ語キーボードでは細かい点で違いがある。

おかげでちょっと文章を打とうとしてもすぐにタイプミスをしてしまい、作業が全くはかどらない。

しばらく日本語キーボードを使えば慣れるのだろうが、まあしばらくメインで日本語PCを使うことはないなと考えているところだ。

当たり前だが、ソフトがすべて日本語なのには感動したが。

 

さて、今回はそのキーボードの違いを紹介したい。

これが儂が最近手に入れた日本語キーボードである。

f:id:nobubkk:20180825130927j:plain

日本の読者はこれとほぼ同じものを使っておるのだと思う。

 

さて、次にこれがタイ語キーボードである。

当然タイ語が羅列しているが、儂はタイ語は全く分からないので、今日はそれについては触れない。

f:id:nobubkk:20180825130931j:plain

 

縦に並べてみると

f:id:nobubkk:20180825130940j:plain

まあ、ぱっと見ではあまり違いが分からないと思うが、若干日本語キーボードのほうがキーが多い。

この若干の差が大きいのであるが・・・

では、よく使う機能から一つずつ見てみたい。

 

まず海外版のPCは英語入力がデフォルトである。

f:id:nobubkk:20180825130957j:plain

日本語を打ち込む前には日本語入力に切り替えるのであるが、その際に左上の%のキー(日本語キーボードの半角/全角/漢字キー)を押すと英語→タイ語→日本語というふうに切り替わってくれる。

何語を使うかは設定で変えることができる。

日本語入力にしても次は英数と日本語の切り替えをしないといけないが、その際にはAlt+左上の%のキーを押すことにより変えることができる。

その点がタイ語版ではちと面倒である。

いちばんやっかいなものがEnterキー周りである。

f:id:nobubkk:20180825131028j:plain

文字入力をしたら必ずEnterキーで確定するわけであるが、その形状が異なっておる。

これには本当に苦しめられる。

Enterキーで確定しようとすると毎回 “」” この記号が出てしまうのだ。

日本語キーボードは縦長で、タイ語キーボードは横長、儂はいつも横長の左端を無意識に打っておることがこのことから分かる。

 

そしてその流れでさらに苦しめられるのがbackspaceキーだ。

f:id:nobubkk:20180825131037j:plain

Enterをミスって 」 が出たら、当然backspaceキーで削除するのだが、backspaceキーの形状も異なっておる。

タイ語キーボードは横長で適当に右上のあの辺を押せば削除してくれるのだが、日本語キーボードでは小さな一つのキーになっている。

そのためbackspaceキーを押すのに正確さを求められてしまう。

 

今まで適当にやっていたのがうまく消えず代わりに¥がダダダダっ何個も出てきてしまったり、何度もNumLockを押してしまって、その後のテンキー入力で変なところにワープしてしまったりするわけだ。

 

さらに、Deleteキーの位置も違う。

儂の中ではbackspaceキーの上にあるイメージで、それは間違っていないのだが何しろ横長のbackspaceキーの上なのでこれもだいたいの位置で把握していた。

しかし、日本語キーボードではその位置に悪名高い「Insert」キーが鎮座しておる!

これには辟易してしまう。

儂の中で一番なくしてほしいのがこのInsertキーだな。

おかげで文章の途中を修正しようとすると、今まで書いた文章が新しい文書に食われてしまうという現象が起こる。

これらの見事なコンボのせいで儂は日本語キーボードのパソコンはメインではもう使えないと思った。

 

さてほかの違いも見てみよう。

メールアドレスを打ち込む際には@マークにも注意である。

儂のイメージはShift+@キーなのであるが、日本語キーボードでは@が一発で出るようであるな。

これは便利。

f:id:nobubkk:20180825131008j:plain

 

コロンやセミコロンについても違いがある。

時間を10:00と打つとき、タイ語キーボードではShift+:と打たないといけない。

そのままでは;が出てきてしまうのである。

これも日本語キーボードのほうが良心的である。

f:id:nobubkk:20180825131014j:plain

 

タイ語キーボードには¥マークがない。

なので、使いたければ一度「えん」と入力して変換する必要がある。

f:id:nobubkk:20180825131033j:plain

 

「 」かっこの位置も多少違う。

日本語キーボードだと縦に並んでいるが、タイ語キーボードではキーにマークはついていないが横に並んでいる。

f:id:nobubkk:20180825131042j:plain

 

またカタカナ/ひらがな/ローマ字キーもタイ語キーボードにはない。

f:id:nobubkk:20180825131025j:plain

 

無変換キーも。

これはどんなときに使うキーなのか、調べてみたら「無変換」なのにカタカナに変換するキーのようであるな。

ひらがな→全角カナ→半角カナと変わるみたいである。

どうして無変換キーなのか・・・

謎である。

f:id:nobubkk:20180825131047j:plain

他にも細かな記号の場所の違いはいくらもある。

例えば=やー、+、”などなど。

儂はEnterキーやbackspaceキーの打ちやすいタイ語キーボードが気に入っておるが、しょせん微妙な位置の違い。

慣れれば大差はない。

しかし、日本語で打ち込む想定をしている日本語キーボードのほうが、我々日本人にとっては若干使い勝手いいのかな、と当たり前のことを再認識してしまった。

 

今宵はここまで。また次を楽しみにしておれ。 

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村