noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

タイから観戦甲子園決勝戦 金足農業 VS 大阪桐蔭

もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180803142726p:plain

今年の甲子園は熱いのう。

甲子園はバーチャル高校野球というサイトでネット中継されている。

なので、タイからでも甲子園を観戦できる!

なんとも素晴らしい時代になったものだ。

今、決勝を見ながらこれを書いている。

 

高校野球というのは、いちいち礼儀正しくて気持ちいいものだ。

高校生のさわやかさ、スポーツマンシップを大事にしていることが分かる。

主催の朝日新聞には、出場している高校生たちを見習ってほしいものだ。

 

高校生というのは分かっているのに、いくつになっても甲子園の出場選手たちは年上に見えてしまう

負けたら終わりのトーナメントであり、多くの選手にとっては一生に一度あるかないかのチャンスなので、まるで一瞬のきらめきで勝負する線香花火のような輝きを放つことが甲子園の魅力なのだと思う

  

また、甲子園ではブラスバンドの音楽や応援の声が雰囲気を盛り上げてくれる

特に大阪桐蔭ブラスバンドは思わずわくわくさせてくれる音楽を奏でてくれる。

素晴らしいブラスバンド部である。

そのうえ、テレビではレベルの高いアナウンサーの実況を入れてくれるのでしっかりとエンターテイメントとして完成しておる。

甲子園とはすごいものである。

 

タイは個人主義な文化なので、チームプレーが苦手と言われている。

なのであまりチームプレイで燃えるものがないような気がする。

サッカーは人気だが、タイのナショナルチームは強くない。

技術的には日本のプロ選手がタイリーグにやってきて、タイ人のうまさに舌を巻くほどらしいが、チームで戦うことが大事なスポーツはタイ人には向いていないのだと思う。

 

今年の甲子園と言えば金足農業一択じゃな。

メンバー交代なしの9人で地方大会から戦っている。

しかも、公立高校!

年の1/3は雪に埋もれて(たぶん)練習もなかなかできない地域である。

攻撃の最大の武器は、バント!

いやー、バントってホント武器になるんだなって改めて再発見させてくれたチームである。

 

金足農業は全員が中学のころに何らかのかかわりのあった生徒たちらしい。

高校進学で他校に進学予定の子もいたようじゃが、みんなで誘い合って今のメンバーが集まったということようじゃぞ。

そして大黒柱はプロ注目のエース吉田輝星(こうせい)くん。

まちがいなくこの吉田くんの活躍で甲子園決勝まで勝ち上がってきておる。

往年の名作「タッチ」を思い出してしまうチームである。

 

決勝の相手は高校野球界で横綱、しかも今年は春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校

儂ら日本人の判官びいきの気持ちをくすぐる組み合わせである。

正直言って、自分の県の高校が勝ち上がってきたわけではないのに、こんなに楽しみな決勝戦は初めてかもしれない。

 

横浜戦

甲子園3回戦の横浜戦は素晴らしかった。

金足農業が劣勢の2-4で迎えた八回。

1死一、二塁、バッターは6番高橋くん。

高く浮いた変化球をフルスイングで、なんと逆転3ランホームラン!

しかも、なんとなんと練習試合から通して一度も打ったことのないホームランをこの甲子園で打ってしまった。

そしてその余韻の残る中、9回横浜の攻撃を、3三振で仕留めてしまった。

さらにエースの吉田くん、最終回161球目にして自己最速150㎞のボールを投げるという怪物っぷり!

試合終了の一同礼、その後短く言葉を交わすシーンに思わず胸が熱くなってしまった。

vk.sportsbull.jp

 

近江戦

準々決勝の近江との試合はとにかくすごかった。

1-2で近江にリードされた最終9回。

9回裏ノーアウト満塁。

同点は覚悟というところ、金足農業は得意のスクイズで同点!・・・と思いきやもう一人突っ込んできて、なんとスクイズ一発で2点!

ツーランスクイズ

ってそんな言葉あるの?!

その後の、近江バッテリーの茫然自失の映像は本当に印象的だった。

ちなみに、金足農業の地元秋田での平均視聴率は53.8%、瞬間最高視聴率は66.0%だった。

昭和の昔の紅白歌合戦並みの視聴率である。

vk.sportsbull.jp

そして試合後の近江ナインが甲子園の土を集めながら、マイクに拾われた声が面白い。

「あれがプロやな!」「あいつプロや!」

「俺らと違うな!」「ちゃう、ちゃう!」「あいつ、ハンパないって!!」

「こういう時に使わんと」

news.infoseek.co.jp

 

 

日大三高

準決勝は日大三高

吉田くんは大会一番のピッチャーながら、さすがに疲れがあるようで5試合連続の2桁奪三振はならなかったが、低めを丁寧に突くピッチングが光っていた。

強打の日大三高を1点に抑えて勝利!

vk.sportsbull.jp

 

 

今宵はここまで。

これから縁もゆかりもない秋田の金足農業の応援に入る。

また、次を楽しみにしておれ。

 

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村