noblog!バンコク生活はなぜ良いのか

生のバンコク情報をおとどけ!

タイのリゾートクラビ クラビってどんなとこ?

もうメシは食ったかの?儂はノブじゃ。

f:id:nobubkk:20180803142726p:plain

儂は今クラビに来ている。

クラビってどこ?って読者のためにクラビとはどんなところかまとめてみようと思う。

というか、儂自身まったく何も知らずに来ておるので調べるついでにこちらに記録をしておきたい。

プーケット島からパンガー湾を挟んですぐ東にあるクラビは、切り立つ石灰岩の岩壁と熱帯のジャングルに抱かれた秘境のビーチリゾート。その複雑な地形により多くのビーチは陸路から離れ、海からのアクセスに。そのおかげで神秘的な自然と静寂が手つかずのままに残されています。また沖合に点在する130以上の島々のダイナミックな景観も美しく、それらの島々をわたるアイランド・ホッピングもクラビの楽しみのひとつ。さらにその地形からロッククライミングの聖地としても世界的に知られているほか、カヌー、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツ、豊かな自然に覆われた内陸部でのさまざまなアクティビティも魅力です。貝の化石や洞窟内の壁画など、地質学的・考古学的に貴重な史料も残されています。

クラビ | 【公式】タイ国政府観光庁

 なんとも心躍る解説文である。

クラビはバンコクから直行便があるので、わずか1時間20分ほどで行くことができる。

飛行機代も往復で2000B(6000円)以下で取れるのでとても行きやすい場所だ。

www.google.co.jp


しかし、儂は大きな勘違いをしていた。

クラビとはビーチがきれいなリゾート地だとばかり思っておったが、着いてみると山、山、山。

空港でレンタカーを借りて、ホテルまでの道のりは山ばかり。

しかし、その山がわりと印象的な山なんじゃな。山というか崖というか。

鳥山明が描きそうな山(崖?)と言えばいいだろうか。

f:id:nobubkk:20180813234046j:plain

上に紹介したように、この崖がそもそもクラビ観光の目玉の一つだったようだ。

切り立つ石灰岩の岸壁が至るところにある。

しかも着いてから気づいたが、儂の泊まったホテルの名前は「アオナンクリフビューホテル」。

クリフとしっかり書かれていた。

f:id:nobubkk:20180813235521j:plain

ホテルのプール。クリフビューの名に恥じない、まさに崖下にプールがある。

そしてメインのビーチであるが、キレイかというとそうでもないだな。

f:id:nobubkk:20180813235903j:plain

しかし、遠くに見慣れない形の島が見える。

これが、沖合に点在する130以上の島々というものだな。

なかなか良い景観である。

アオナンビーチ以外の場所はどうやら陸沿いにはいけないようで、別のビーチには船で行くということだった。

簡単に行けないというところが、リゾート心をくすぐるようだ。

クラビのパンフレットにあるきれいな海はこれら船で渡っていくビーチなのだろう。

明日は4つの島を船で渡る予定になっている。

キレイな海は明日に期待だ。

 

それでは今宵はここまで。また次を楽しみにしておれ。

 

 

ページを閉じる前に、クリックしてから閉じてね。よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村